2次会でのチャンス

2次会の場所の定番といえば、お酒の飲めるお店、カラオケ、ボーリングが定番となっているのではないでしょうか。
カラオケのチャンスは前回紹介しましたが、次はボーリングでのチャンスです。
ボーリングなら歌を歌うのが苦手な人でも、気軽にいくことが出来るのではないでしょうか。

ボーリングが得意であれば、女の子に教えることもできチャンスの機会が増えます。
ボーリングといえば、チームに分かれて競うのも盛りあがって楽しいですよ。
チーム内での結束力が高まり、お目当ての子との仲も深まるかもしれません。

ボーリングではイスに座って順番を待つことになりますが、その座っているときこそチャンス。
お目当ての子のとなりに座り、2人の会話を楽しんでみてはいかがでしょうか。

ボーリングのほかにもお勧めする2次会はダーツ。
ダーツバーというものもありますし、お酒を飲みながらダーツを楽しんでみてはいかがでしょうか。
ダーツが初めてという人でも気軽に始めることが出来ます。
ルールを知っているならば、ルールなどを説明しつつ会話を盛り上げていってみてはいかがでしょうか。

このほかにも2次会で楽しめることは多くあると思います。
2次会といえばこれ、というものだけでなく他にも色々な楽しみ方を考えだすのも楽しいと思いますよ。

野外で飲むのも解放感があって楽しいと思いますし、他にも考え出してみて2次会を盛り上げてはいかがでしょうか。

カラオケでポイントアップ

合コンでの2次会といえば、定番はお酒の飲めるお店かもしくはカラオケではないでしょうか。
最近のカラオケ店では色々凝っていて、コスプレのできるところであったり色々盛りあがる要素が詰まっています。
その場合も予め合コンの前に、近くにどんなお店があるか調べておきたいものです。

ただカラオケは好きな人と苦手な人がいるので、その点も注意したいですね。
だけど1人が苦手だったとしても、結局ほかの人の意見からカラオケにきまってしまうことがあります。
そういったときカラオケが苦手な人でも楽しくすることで、チャンスが生まれるときもあります。
一緒に歌おうと提案してみたりすると、一人で歌うのはいやでも一緒にとなれば歌う人もいます。

2次会でカラオケにいったからといっても、ずっと歌い続ける必要もありません。
カラオケの機械でできるゲームというのも出ていますし、みんなでゲームをして楽しんでみるのもいいかもしれませんね。

2次会でカラオケとなると、もし歌に自信があればお目当ての人にどんな曲が好き?と聞いてみてはいかがでしょうか。
自分の好きな歌を歌ってくれる人というのは結構ポイントが高いですよ。

そしてカラオケの選曲ですが、合コンの2次会といったようなところでは、あまりみんなが知らない曲を歌っても盛り上がらないものです。できればみんなが知っている曲を選んでみてはいかがでしょうか。
バラード系を歌うときは、うまく状況を読んで選曲できればぐっと印象もあがるでしょうけど、始めにバラードを選んでも盛り下がることになってしまうときもあるので注意したいですね。

2次会の支払い

合コンの2次会といえば、合コンの1次会が終わってそのまま帰るなんていうのもつまらないので、是非誘っていきたいものです。
だけど、1次会で帰るという女の子もいると思いますが、無理やりにならない程度には数回誘ってみましょうね。
強引になると嫌がられますが、数回誘ってみることで言ってみようかなという気持ちになる時もあります。

ただ注意したいことは、それだけ時間も遅くなるのですから帰りは男性が近くの駅やタクシー乗り場まっで送って上げましょう。
こういった気づかいはうれしものです。

あと2次会にいくけど支払いは・・となったとき合コンは男が支払うものという風潮がありますよね。
出来れば女性にも出してもらいたいものですが、ここでケチっているとケチな男とみられる場合もあります。
全額払う気持ちを持つといいかもしれませんね。
だけど女性も全部奢られるものは、うれしいけれど悪い気がするものです。
そこで女性が割り勘にしようというのであれば、1000円だけというようになんて半分ではないけど少しだけ払ってもらってはいかがでしょうか。
あまり女性にださせるのも気持いいものではありませんよね。

楽しければ楽しいほど女性はおごってもらうことに躊躇します。逆に払いたくないという感じを受けたのであれば、その合コンはつまらなかったと思っている場合もあります。時間を無駄にしたんだから払ってもらって当然なんて考えもあるみたいですね。
そうならない合コンや2次会にしたいですね。

2次会に誘えない

2次会が開かれるような合コンであるなら、きっともりあがっていることでしょう。
だけど、合コンの2次会にはそういったときじゃないときも2次会が開かれることがないでしょうか。
1次会でいまいち盛り上がらなかったから、2次会まで行こうという感じで開かれることがあります。

2次会は1次会で下げたポイントを上げるチャンスでもあります。
問題は盛り上がらなかったのに、2次会に来てくれるかどうかではないでしょうか。

合コンは不発とわかれば、相手はそうそうと引き揚げたくなるものですが、そこを切りぬけうまく誘いましょう。
たとえば、このお店微妙だったけどゴメンね、でも2次会のお店は普段いっているんだけど面白いお店だからいいところだよと、次いくお店のアピールで誘ってみるのもありかもしれません。

それでもダメなときは無理に誘っても、自分も気まずい思いをするハメになるのであまり無理じいはやめておきましょう。
盛り上げる自信があるのであればいいのですが、そこまで自信がない場合強制しても相手にとっては負担になるだけです。

今回の合コンは上手くいかなかったなと思う程度にして、次の合コンに掛けるのもいいのではないでしょうか。
合コンはたいてい知らない人との集まりになります。
楽しい合コンで終わるときもあれば、つまらないときがあるのもしょうがありません。

常に合コンを楽しめればいいのですが、毎回は相性などの問題もあるので上手くいかないときもありません。
何が悪かったのか反省するのも大切ですが、気持ちを切り替えて新しい合コンに掛けるのも大事ですよ。

2次会のお店選び

2次会の参加人数はあらかじめ決めることが出来ないので、お店選びというのは迷うものです。
だけど、せっかく盛り上がっているところでお店がきまっていないので、まちぼうけとなると盛り下がってしまうものです。
ですから人数が決まっていないとしても、2次会のお店というのは予め目安を立てておきましょう。

そのためにも2次会のお店をリストアップしておきましょう。
空いていない場合もあるので数件リストアップしておくことが大切です。
そして1次回が終わる間際に、人数の確認をしてお店を予約しておきましょう。
1次回が終わってから予約していると、時間がかかり参加者を待たせることになってしまうので、出来るだけ早めに予約しておきたいところですが、参加者もまだ決まっていない時点で予約してもしょうがないので、気を付けましょう。

個人的にですが、2次会のお店は1次会よりは落ち着いた雰囲気のお店を選びたいですね。
1次会の盛り上がりのまま2次会に突入したいところですが、さすがにテンションが下がっていきます。
そこでゆっくりと話ができるような場所を2次会のお店に選んではいかがでしょうか。

まれに1次会よりも盛り上がり、2次会だけでなく3次会までテンションが上がりつづけるような合コンの場合もありますが、そういった合コンは稀だと思います。
1次会でみんなの仲を深め、2次会で個人個人で話ができるような落ち着いた場所がお勧めです。

2次会の参加人数

合コンの2次会を開くときには、出来ればお店の予約を手配しておきたいものです。
だけど、合コンの1次会ならともかく2次会となると参加人数を把握するのは難しいですよね。
ですがその時になってお店探しや飛び込みで場所の確保というのは大変なことです。

ではどうすれば賢く2次会の場所を確保できるのでしょうか。

まずは事前に出席人数の確認とはいかないので、1次会の終わりに2次会の出欠の人数確認をしましょう。
1次会の前に出席の確認をしたとしても、その時になって帰るとなる人も多くいるのであてにならず、お店の費用も無駄が大きくなってくるので注意しましょう。
1次回の終わり15分前くらいに、おおよその2次会の終了時間の目安、どれくらいの人数が参加することになるのかを伝えつつ参加者の出席を取っていきましょう。

そして2次会の参加者を多く集めたい場合、出席確認のときは出来れば「参加できる人?」という聞き方をするのではなくて、「参加できない人?」と聞くと参加者が増えると思いますよ。
こう聞くと進んで参加しません!という態度を出しにくいものです。逆もしかりで、参加できると思っていても他に参加したいと進んで自分から言い出す人がいなければ、参加したいといいづらいものです。
聞き方も参加者を増やす重要な要因の一つ。

参加者を出来れば多くしてだれもが楽しめる2次会にしたいものですね。
2次会というと盛り上がった1次会でないと参加したくないものです。ですので1次会から盛り上げていきましょう。